読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じる気持ち、信念の良さと悪さ

 

この世界で共通する教えの中に「信念」という言葉があります。信念ときくと強くて難しいとイメージがある方と、逆に簡単、容易いと思う方と両方がいると思います。

 

信念は良い教えの一つですから否定をするつもりもありませんが、

本当に信じること自体がそんなに正しいのでしょうか?

 

軍隊の教えは全て共通ではありませんが、ある軍隊の教えにこんな言葉があります。

「信じるよりも、信じさせろ!」

そしてそういう業界の人間は信じるという行為を軽視しています。

信じればいずれ、やられてしまう可能性があるからです。

 

でも我々は軍隊の人間ではないのだから大丈夫であろう・・

と安心しきっている方が多いと思います。

 

しかし、現に目に見えない状態で我々は壊されています。

 

やられる、というのは2種類あります。

 

まず一つ目は、実際に身体を傷つけられることのやられる、と

 

あとは食べ物に薄めた毒をいれられ徐々に極端に目で見えない形で壊されていくといったようなやられかたです。

 

今、毒を食べ物に入れるという例を出しましたが、必ずしもこれだけとは限りません。あくまで例の一つです。

数え切れない量のやり方があります。

 

軍隊や戦争、喧嘩という業界では極端な戦いを意味しますが、

 

我々の普通のこの業界の戦いは極端ではないからこそもっと怖いんです。

 

例えば、現在この世界で身体に悪いお菓子や多量に砂糖が入ってる飲み物など数え切れないほどあります。

こうゆったものも目に見えないやりかたで我々を壊しているんです。

 

最終的に言いたいのは信じればうまくいく、とゆったような世の中ではなくなってしまったということです。

 

逆に信じるということで救われた人について聞いたことがありますか?

 

一番良い信じかたの一つはこれです。

 

確かに信じたいし信念を持ちたいですが、ある部分を疑い信じてはならない部分がある、ということを理解した上で信じることです。

 

そのある部分を疑うことにより、自分の信じていたい内容への気持ちが自分の精神にモチベーションをあげさせて、自分がその信じから得たいものを実際に自分がそれを作り上げて現実化させる、ということが大事なんです。

 

 

信念は確かに大事ですが、ある部分で疑いの面を持たなくてはいけないということです。

 

信じてばかりいれば人はたるみます。

 

自分で信じていたい内容を自らがそれを現実化させるという気持ちで動かなけれはなりません。

 

 

信念を持ちながら、動くということが信念を一番良い形で育てられるということだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Requiem for a dream

 

レクイエム フォー ドリームという映画を見ました。

2001年あたりに生まれた映画です。

 

かなり昔の映画になりますが、

最近の新しい映画もいい作品はたくさんありますが、昔の映画も中々素敵な作品がたくさんあります。

 

とくにこのレクイエムフォードリームという映画はエンディングの音楽に心を奪われました、!

 

映画の音楽って大事ですよね。どんなストーリーでも印象がかなり変わる気がします。

 

そしてまたこの音楽が素晴らしすぎるんです。なんともいえない人生の下り坂に上がり坂をイメージしているような音楽で

 

 

ちなみにこの映画自体ストーリーの内容が言い訳ではありません。

正直、この映画を見た後はすごい勢いで鬱になりますし落ち込みます(笑)

かなりすごいです(笑)後味が微妙ですが、何度も見たくなる、やみつきになる映画です。

 

人生というよりも

何かを手に入れるためにとにかく努力をしていた主人公たちでしたが仕方なく悪い道に手を出すというなりゆきから結局良い道に歩む事が出来ずに主人公の恋人たちにそのひとの母親にその友人であったり、みんなの結末がとにかく微妙で。

 

あらすじはださないつもりです。

 

なにもゆわずに

なにも知らない状態で見て欲しいからです。

 

とにかく考えさせられる映画です。というよりかなり鬱になります(笑)

 

 

向こう、海外でも見た後に落ち込む映画のランキングにかなり高く評価されてました。(笑)

 

ちょっと意味不明かもしれませんが、

見てて退屈はしないと思います。

 

しかし皆様それぞれ好みがあると思います。

 

アクションずきや、

SFずきや

ラブストーリーなどに慣れている方だと

入り込みづらい幕があります。

ですが、色々勉強になりますし、かなり心が動きます。

 

 

オススメですのでもしみなさん時間があれば見てください。

 

そして最後に一言。

この映画から学んだ事です

 

 

どんななりゆきで悪いものと直面したとしても

決して近道とゆって悪い場所から近道してはいけない。時間がかかっても構わないから良い道から良い道へ遠回りしてから前に進みましょう。

 

幸せを手に入れるにはふさわしい道をよく考えてから行動にでましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

パワーが溢れている人と、無気力な人の違い

すべての生き物には精神を左右させるためのホルモンをうまれながら持っています。

 

人間の場合で話をすると、例えばみなさん学生の方でもそうでなくても教室でクラスメートの大勢の人の中で勉強したことがあると思います。

 

クラスメートの中に必ず一人くらいは自信がなかったり、引っ込み思案だったり、恥ずかしがり屋だったり、内気だったり、内向的な方であったり、そんな方って見たことがありますよね?

 

決して悪いことではありません。ですが、一つ間違えないでほしいのは、このように内気になる理由というはその人たちの性格ではないんですよ。

これは一種のホルモンに関連してくるのです。

 

よく聞いたことがあると思いますが、「コルチゾール」と「テストステロン」というホルモンです。

 

まずこの中の一つのコルチゾールというホルモンに関してですが、これはストレスのホルモンです。内気な人や自信がない人というのはこのようなホルモンが多い場合です。

 

では自信溢れる生き生きとした強そうな性格になるためには?どうしらいいか?ということですが、これもまた生活習慣を変えるだけで解決できたりします。

 

もし薬があったとしても根本治療には適しませんよね?

こうゆうことは自分自身としっかり向き合い病院とか薬に頼らずに自分の生活や精神から変えるといったようなやり方が一番根本的に治療できるやり方だと思います。

 

では、生活習慣をどのように整えたらいいのかという内容ですが、

 

まず一つ、報告しておきたいことが、先ほどもうひとつあげたテストステロンというホルモンですが、これはどんなホルモンかというと支配性のホルモンです。

 

霊長類の群れのなかで一番強いボスはこのテストステロンというホルモンを多く持っています。そしてコルチゾールというホルモンは少ないのですよ。

 

そして霊長類の群れにおいてある個体が突然ボスの役割を任されたとき、引き継ぐことになったときですが、数時間、数日内にその個体のテストステロンの値は大きく上昇します。そしてコルチゾールの値はぐーっと大きく減少していきます。

 

 

これは役割の変化でホルモンの状態が変わるということが証明されているのです。

心を形作るというのはまずは身体を動かすという意味から行動にでる、という必要がでてきます。

 

やがて自分の立場が少し上がっていくことで少しずつコルチゾールのホルモンからテストステロンという支配性のホルモンが強くなるということなんです。

 

まずは自分のみじかにある小さいものからスタートしていくことからオススメします。

無理しない程度に最初は短期間でスポーツジムに通うとか、一週間に1度は図書館に行き何か自分の興味のある分野について知識を増やして自身をあげていきその自身溢れる精神から徐々にテストステロンの数値をあげていくとか、ということから始めていくことがいいのでは?と提案を致します。

 

人によって合う合わないがあるので自分のペースにあうやり方をロングスパンでもいいので見つけることです。

 

私の場合では自分のやり方ではロングスパンはあり得ないと思っています。人生時間が非常に短いですよね。

一日一日というのは非常に大きかったりします。

そのなかで少しでも早くできることがあったらただちにやってみたいと思うものです。

 

 

一つはっきりと言いたいことは、コルチゾールからテストステロンというホルモンに数値を高めるのは非常に簡単なことであったりしますが、でもこれは自分の行動のでかたがいい加減であればあるほど難しくなったりします。

 

 

あともうひとつですが食事も大事ですね。

甘いものや、油っこいものを食べ過ぎているとまず、そもそもの話ですがモチベーションが下がります。

これは腸が疲れると同時に脳にも負担がかかり脳も疲れるのです。

脳と精神は深い繋がりがあります。

脳が疲れると今度は精神もつかれていきます。そしてやがては身体を動かすのが面倒になり、だるくなり、とゆったような症状に陥ります。

結局、東洋医学のゆうように身体、精神や脳は一つとして繋がっているんですよ。

 

普段頑張っているんだから、といって食べ物くらいは贅沢にしていいかな?

という考えは逆に一番恐ろしいとも言えます。

 

急に控えるのはよくないので、徐々に身体にいいものを自分なりにさぐっていきましょう。

 

 

そして腸を元気にして元気な身体をつくり綺麗な豊かな精神の状態で少しずつ自分のホルモンを調整して社会に負けない自分をつくって行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男女の体と脳

よく男性はこのような経験をしたことがあると思います。

 

女性、彼女から「ねぇ、髪色を変えたんだけどどうかな・・?気づかなかった?」

 

しかし男性からすれば一目見た時から別に何事もなかったかのように彼女の髪色が変わったことなんかに気づいていなかった。

 

男性からすれば「えっ・・・、、髪色変えてたんだ・・・。いやぁぁ、気づかなかったや・・・。」というように

 

まずい。女心傷つけたかな?、と心配になるかもしれませんね。

 

でも男性からしてみれば、まじで気づかなかったんだからしょうがないだろ!!!というような気持ちになるかもしれません。

しかし無理もありません。なぜならこれは男性と女性の違いにあるからです。

 

これでもし恋人同士の喧嘩になんかなっていたら逆に男性側からしたら被害者かもしれませんよね。笑

 

実際にこのようなケースに陥って喧嘩するパターンってよくあるものなんです。

 

ですが、心配しないでください。

 

これは決して男性側が女性に無関心とかそういうものではないんです。

 

これは男性の目の構造に秘密が隠されています。

 

まず、髪色ということですが、この色というのは男女間でだいぶ捉え方が極端になってしまうんです。

 

目の機能で色を識別、判断するのに司る網膜という部位が存在します。この網膜というところで人は色を判断するんです。

 

この網膜では、1億3千万個の細胞が白と黒を、700万個の細胞がそれ以外のすべての色に反応するものとなっています。

 

そしてここからが大事なのが、色を識別する細胞のもとをX染色体と呼び、その染色体ですが女性の場合それが2本あるので男性よりも色を判断するためのバラエティが多いんです。男性はその染色体が女性より少ないためにちょっとした色の変化じゃ気づかないように体がそうできているんです。

ですから女性の髪色チェンジに目を向けないからって彼女に無関心とかではないんです。

 

男性もこまっているんです。悪気が全くないですからね。笑

 

 

 

ちなみにあと他を説明すればこんな違いもあります。

男性より女性のほうが白目ゾーンの部分がおおきいです。

 

ぱっと見では判断し兼ねますが、厳密的にみると女性のほうが白目部分がおおきいんです。

まあこれは先ほど話した内容とは関係がなくて異なりますが、それほど男女には違いがあるんです。

違いは種だけじゃないんです。

ですので、当然脳にも大きい違いがあるんです。

 

 

女性のみなさん。

もし自分の彼氏や周りの男性が自分の髪色のイメチェンに気づかなかったからといって全然傷つく必要もないんです。

 

 

男性も女性も誰が悪いの? ということじゃないんです。

 

体のつくりと脳のシステムの差だけなんでよ。

 

 

ちょっとした違いでも心を広くして彼や彼女を優しく受け入れていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知られざる男の脳のシステム

女性の皆さん。心配しないでください。

さっき喧嘩したあの男、この男、その男、決してあなたという人間の持つ性格が理由で揉めていません。

だからといって彼が悪い、その男が悪いとも言いません。

そもそも男と女は恐ろしいレベルで脳に差があります。

仮に少し男性的な女性であったとしても考え方が交わる、というようなことでもありません。男っぽくても実際は女ですから脳のシステムが女であることは変わりないです。

男女間にある問題のだいたい全てが考え方の違いからきます。

恋人との関係の間で一番必要になるのはお互いがお互いに尊重しあうことです。これなくして良い関係は成立しません。本当にこれだけでもしっかりしていれば喧嘩やイライラは急速に減少していきます!!!!!!!

だってそうじゃないですか? 喧嘩の理由や状態ではなく根本から見ていくと原因はお互いに対する尊敬がなかったり、その彼の、彼女の、求めていることに目を向けないことが理由で喧嘩をします。

 

ただ残念にそうじゃない人もいます。

 

どんなに尽くしても分かってくれない。神経削ってまでも相手の面倒を見ていても相手に伝わらない。

我々はいったいどうしたらいいのか。なにをしてあげれば機嫌をよくしてくれるか、とか。頭で考えても答えはない。占い師に話しても解決しない。カウンセラーに話しても仕事上のあくまで仕事をしているだけなので親密に親密に深く見てくれるか、守ってくれるか、というとあまり期待ができない場合が多いです。

 

一体誰を頼ればいいのか。

そう思い悩んだ経験今までに何回かはあったと思います。

 

そこで少し悲しい真実がありますが

基本的に他人の意見は適当なことがほとんどです。

適当に回答せずに真剣に考えて答えを教えてくれる方がまわりに一人でもいたら救われますよね?

 

さっき言った他人のアドバイスについてですが、

一番悪いのはいただいた意見をそのまま鵜呑みにしてしまうことです。

鵜呑みにすることほど恐ろしいことはありません。

 

人間というのは悩んでいる時ある程度自分の中で真実、答えをすでにわかっています。ただそれを信じたくないがゆえに人から少なくてもいいから1ミリ単位という小さい確率でもいいからって希望の光が見たいから人々に縋ります。

 

こんな時どうしたらいいかと言うと、

 

自分で可能性を産めばいいんです。

 

終わったから悩むんじゃなくていっそ諦めず自分が求めているものを追ったらいかがですか?

 

話が逸れましたが、

最終的にはこれがいいたかったです。

 

恋人ともめたからってあなたがたが理由で揉めているんじゃない場合がおおいです。

 

問題は脳の配線そのものなんです。

 

 

心を広くしてみて時々彼や彼女を許して愛してみてください。